コダマのキーワード
創業 1919年
コダマの歴史は1919年(大正8年)に創業者がおじから鋳造技術を学び創業したことから始まります。当時は現在の鋳造の主力である製鋼用鋳型インゴットケースではなく船舶のエンジン部品や工作機械用部品などを中心に製造していました。やがてその技術からプラントエンジニアリング、溶射へと技術を派生させ現在の礎を築いていきました。
製鉄文化
島根県を中心にかつて盛んに行われていたたたら製鉄。西洋の近代製鉄法が輸入され、たたら製鉄は主流ではなくなりましたが、現在も島根県ではその製鉄文化が脈々と受け継がれています。鋳造から始まったコダマも言わば「現代のたたら工」としての一面を持っているのです。
3溶
3溶とはコダマの事業のコア技術である「溶解(鋳造)」、「溶接(プラントエンジニアリング)」、「溶射」を表した言葉です。このコア技術を基に日々の技術向上に取り組んでいます。
ものづくりのビジョン
コダマのメインの製品は「製鋼用鋳型」「プラント設備」「溶射コーティング」です。これらは主にお客様が製品を作り上げるための「ものづくりのプロセス」で活躍し、求められるものです。コダマはその「ものづくりのプロセス」に創造性と活気を与えることをビジョンにしています。
ビジネスモデル
コダマのビジネスモデルは設計部隊と製造工場を持つ企画設計から製造施工までを行う一貫体制を基本としています。この体制によって、幅広いお客様のニーズに対応し、製品を生み出しています。
事業拠点
コダマの本社・工場は松江市富士見町。ここは松江市で第一号の初めてできた松江鉄工団地で、それ以前は市街地で操業していたコダマも団地設立に尽力し、1966年にこの地へ移転しました。地域の工業化・ものづくりの発展の原点と言えるこの場所でものづくり企業として事業を営んでいます。
研究開発
現在、溶射事業を中心にソフトビジネスパーク島根において研究開発拠点を設け、技術開発に取り組んでいます。コダマの開発の特徴は「他ではやらないものを世に送り出す」こと。この研究開発拠点はその特徴を形にする本拠地となっています。
創業100周年 2019年
2019年はコダマの創立100周年となる節目の年です。現在はこの年に向けて経営活動に取り組み、事業を活気づけています。この2019年からまた新しい100年が始まります。
年齢構成
年齢構成
勤続年数
勤続年数
男女比
男女比
ワークライフバランス
生活の充実により、仕事の効率、パフォーマンスが向上し、短時間で仕事の成果が出せる。そして、プライベートに時間を使うことができる。コダマでは、ワークライフバランスの好循環を意識し、働き方の見直しを常に行っていきます。
TRY! KODAMA

コダマの社員一同みなさまの
ご応募を心よりお待ちしております。

採用情報一覧はこちら

Page Top